期待できる効果

高い痩身効果が期待できるHIFUを用いた施術法の、脂肪を減らす仕組みやメリットについて紹介します。痛みやヤケドなどの副作用がない「HIFU」の安全性についても解説します。

超音波で皮下脂肪を破壊して減らす!

最強エステマシン・ハイフ(HIFU)の効果とは

HIFUの原理は、超音波をレンズに通すことで皮膚の下1.3㎝の1点へと集中させ、皮下脂肪へポツポツと穴を開けるように破壊し、脂肪細胞そのものを減らしていくというものです。

超音波をスポット照射された部分は、56℃以上に加熱されて脂肪細胞が溶けてしまい、穴が開いたようになります。

ショット数(超音波を照射した数)が多ければ多いほど、溶けた脂肪細胞の数が多くなり、皮下脂肪が減るという仕組みになります。

エステサロンに最も多く導入されているマシンの場合は、片方の手のひらくらいの大きさのSパーツで、およそ1000ショット照射しますから、皮下脂肪に1000個の穴が格子状にあく状態になるわけですね。

数週間かけて脂肪が体外へ排出される

超音波によってドロドロに破壊された脂肪細胞は、白血球の一種であるマクロファージによってお掃除されて徐々に消化、体外へと排出されていきます。

HIFUの施術を受けてから、破壊&分解された脂肪細胞が完全に体外へ出てしまうまで、約4〜12週間かかると言われていますが、その間もどんどん引き締まっていくボディラインを実感できるようです。

HIFUの施術は、超音波によって脂肪細胞そのものを破壊して排出しますから、脂肪細胞をしぼませたり、移動させるだけの他の施術と違い、リバウンドがほとんどありません。

皮膚を切開して器具を入れたりする危険な外科手術をせずとも、脂肪吸引と同様に脂肪そのものを取り除いてしまう効果が期待できる、画期的な痩身技術なのです。

ハイフ(HIFU)なら副作用やダウンタイムはなし!

HIFUの照射技術では、超音波の熱やエネルギーが皮膚表面にはほとんど伝わらないので、施術中に肌への痛みや熱、ヤケドなどが生じる危険はほとんどありません。施術後は生体の自然な作用で脂肪が体外へと排出されますから、副作用の可能性も考えられません。

ただし、クリニックで使われている『ライポソニックス』などの高出力マシンでは、施術中に痛みがあったり、施術後に青あざのような内出血が生じてしまうことがあるそうです。

クリニックでHIFUの施術を受ける際には、副作用やダウンタイムがあるかどうか、医師にしっかり確認する必要があります。

一方、エステサロンで使われているマシンの場合は、施術中に痛みや熱を感じることはありませんし、術後の内出血なども報告されていません。

「ハイフ」は安全な出力数で無理なく脂肪に働きかけるよう設計されていますから、副作用の危険もなく高い痩身効果が得られるのです。