施術の流れ

HIFU(高密度焦点式超音波)を応用した「ハイフ(HIFU)」のトリートメントコースを例に、ケアの流れを解説します。
さらに、安全&確実にスリミング効果を実感するための注意点などもご紹介します。

 「ハイフ」のトリートメント内容を紹介

それでは、実際にサロンではどのようなケアが行われるのか、流れをおっていきましょう。

1/カウンセリング

スタッフがお客さんの体質やお悩みについてじっくりとカウンセリングを行います。

サロンによってはボディサイズの計測や施術後と比較するために写真撮影を行うことも。どのパーツにトリートメントを行うのかを決定し、用意されたガウンなどに着替えます。

2/ハイフのトリートメント

施術を行う部分の皮膚にジェルを塗り、気になる皮下脂肪へ正確に焦点を当てて、ハイフの照射を行います。

サロンによっては、ヒートマットで体を温めながら照射を行うこともあります。照射にかかる時間は、1000ショットでおよそ10分が目安。痛みや熱さは全く感じません。

3/リンパマッサージなどアフターケア

破壊した脂肪細胞の代謝を促すために、リンパマッサージなどのアフタートリートメントを行います。ハンドによるオイルマッサージや、エンダモロジー、キャビテーションを行うサロンもあります。

照射後に血流やリンパの流れをしっかりと促進させておくことが、ハイフの効果を高める最大のポイントと言われています。

4/アフターカウンセリング

施術後のボディサイズの変化をチェックしたり、体調に問題がないかどうかを確認します。

施術後は水分をしっかり取ることが大切なので、ハーブディやお水などを提供するサロンもあります。

「ハイフ」を受ける際の注意点とは

HIFUの中でも「ハイフ」は安全性に定評があるマシンですから、副作用やヤケドなどの心配はありません。

ただし、施術の際に注意しなければならないことや、施術を受けられない方がいらっしゃることも事実です。下記の項目をしっかり確認しておきましょう。

ハイフを受けられない方

  • ペースメーカーなどを使用している方
  • 施術部分の体内に金属やシリコン製のプロテーゼなどを使用している方
  • 妊娠中や妊娠の可能性のある方、授乳中の方
  • 施術する部分にヘルニア、外傷などがある方
  • てんかんの既往症のある方
  • 重篤な疾患のある方
  • 18歳以下の成長期の方
  • 脂肪が2cm以上ない部分への施術を希望する方

ハイフを受ける際の注意点

  • 顔やバストへのトリートメントはできません
  • けがやヤケドの箇所への施術はできません
  • 施術前は施術箇所にクリームやオイルをつけないこと

トリートメント後の注意点

  • 施術後1時間は食事を控えること
  • 糖分・脂分・アルコールの摂取は控えめに
  • 適度な運動を心がけること
  • 利尿作用のあるものを摂取すること