HIFU(ハイフ)痩身特集 » HIFU(ハイフ)痩身機器一覧

HIFU(ハイフ)痩身機器一覧

現在、美容クリニックやエステサロンで提供されているHIFU(ハイフ)痩身機器は様々な種類があります。ここでは、HIFU(ハイフ)施術を受ける際の予備知識の一つとして、それらの機器をたっぷり紹介します。

クリニックでできる
HIFU(ハイフ)痩身機器

  • リポセル

    リポセル(イメージ)
    引用元:なつクリニック公式サイト:https://www.natsu-clinic.com/lipocel

    リポセルは、医療用のHIFU(ハイフ)痩身機器です。リポセルの一番の特徴は、ヘッド部分に強力な冷却機能を搭載しているという点。摂氏5度まで冷却されるヘッド部分で皮膚を冷やしながらHIFU(ハイフ)照射を行えるため、火傷の心配がなく痛みも軽減できます。また、冷やすことで皮膚が守られているため、従来のマシンよりも高い出力で脂肪細胞にアプローチすることが可能となり、より高い痩身効果を得られるようになったのも、リポセルの大きな特徴となっています。

  • ライポソニックス

    ライポソニックス(イメージ)
    引用元:まりもクリニック公式サイト:http://www.marimo-c.jp/column/liposonix/entry-431.html#prettyPhoto

    ライポソニックスは、多くのクリニックで導入されている、ポピュラーな医療用HIFU(ハイフ)痩身機器です。超音波を1点に集めて、脂肪をピンポイントに狙って照射ができるため、周りの組織にダメージを与えることなく、大きな痩身効果が得られるもの。「切らない脂肪吸引」という施術法の中でも、1回でハッキリした効果が得られることと、ダウンタイムが短いというのも、ライポソニックスによる施術の特徴です。

エステサロンでできる
HIFU(ハイフ)痩身機器

  • シーライン(ダブロボディ)

    シーライン(イメージ)
    引用元:リスペクトフォース公式サイト:http://www.respect-force.co.jp/detail.html?detail_id=2524&PHPSESSID=3de9a991f91cbcc90ebe2685fbb920da

    シーライン(ダブロボディ)は、他の医療用HIFU(ハイフ)機器などに比べて、出力を細かく設定できるHIFU(ハイフ)マシン。ヘッド部分を変えることで、ボディ用にもフェイシャル用にも使えて、脂肪細胞にアプローチするだけではなく、皮膚を活性化させる効果も期待できます。実際にシーライン(ダブロボディ)で施術を行ったことで、肌の若返りに重要となるコラーゲンとエラスチンの生成が活発になったことが報告されています。脂肪細胞を除去しつつ、肌の引き締めにも効果的な一石二鳥のマシンです。

  • G-SHOT

    G-SHOT(イメージ)
    引用元:株式会社マーケットエンタープライズ公式サイト:https://item.rakuten.co.jp/yasukukaeru/f2554312/

    HIFU(ハイフ)は、もともと肌への影響は少ないです。それをさらに、肌へのダメージを減らすために、開発されたのが、G-SHOT。水冷式プローブで肌表面を冷却しながら施術できるようになりました。また、施術範囲をG-SHOTに入力すると、自動的に適切なショット数を計算してくれるため、施術者のレベルに関係なく施術範囲に合った正確なトリートメントが可能です。加えて純国産のマシンであり、世界でも70カ国以上で導入実績を持つ、信頼できるマシンでもあります。

  • Di-Focus

    Di-Focus(イメージ)
    引用元:Beauty mall公式サイト:http://www.bm-esthe.net/contents/2015/12/di-focus.php

    Di-Focusの大きな特徴は、他のHIFU(ハイフ)機器と比較して、脂肪細胞だけではなくセルライトを除去していく効果が高いところにあります。肌に表れるセルライトは、見た目的にも美しくなく、セルフケアではなかなか落ちにくいもの。そんなセルライトを狙ってアプローチができるというのは、理想の美ボディを目指す女性にとって、魅力的なポイントだと思います。もともと安全に設計されているエステ用のHIFU(ハイフ)機器ですが、純国産のHIFU(ハイフ)マシンなので安心感が高く、Di-Focusを導入しているエステサロンはとても多いです。

  • ウルトラハイフ

    ウルトラハイフ(イメージ)
    引用元:BASARA公式サイト:http://www.manekineko-k.com/shops/beauty/ange/menu3.html

    ウルトラハイフは、低めの超音波周波数により体感を生み出す「サーマルハイフ」という種類のHIFU(ハイフ)を採用しているため、通常エステ用ではあまり感じない、施術中の熱さを感じるのが特徴。「サーマルハイフ」の熱による萎縮(収縮)効果と、超音波振動の効果で、施術直後にサイズダウンが期待できる、即効性のあるマシンとされています。他のHIFU(ハイフ)機器より1ショットの効果が高いので、ショット数で比較すると高額な施術と思われがちですが、照射範囲で考えると比較的お得な方法となっているそうです。

よく読まれている記事
  • HIFU(ハイフ)痩身するならどっち? クリニックVSエステ徹底比較!:注目!Dorothy編集部おすすめ!
  • 厳選! HIFU(ハイフ)痩身の口コミ評判が良いクリニック16選【東京編】
  • どれがいいの? HIFU(ハイフ)痩身機器の選び方