HIFU(ハイフ)痩身特集 » HIFU(ハイフ)で叶う パーツ別!なりたいカラダ

HIFU(ハイフ)で叶うパーツ別!
なりたいカラダ

HIFU(ハイフ)は、ピンポイントで狙った脂肪細胞を破壊し、体外へと排出していく痩身施術法です。そのため、部分やせに高い効果を発揮することから、美ボディを手に入れたい女性から多くの支持を得ています。そんな注目のHIFU痩身ができる体の部位について詳しく解説していきます。

HIFUで痩身できる部位とは?

自己流のダイエットではとても難しい部分やせ。「ここのお肉だけ取りたい」、そんな切実な声に応えてくれるのが、HIFU(高密度焦点式超音波)痩身施術です。理想の美ボディを手に入れるにはとても効果的な施術法のHIFUですが、どんな体の部位に施術が可能なのでしょうか?

二の腕(イメージ)

脂肪がつきやすくて落ちにくい部位の代表格ともいえるのが、二の腕のたぷたぷではないでしょうか。特に女性は二の腕が振り袖のようにたぷたぷになりやすく、腕を出すおしゃれが楽しめなくなってしまいます。そんな二の腕の痩身に、HIFU機器は一体どんな効果を発揮してくれるのか紹介しています。

お尻(イメージ)

上半身はそうでもないのに、下半身が太くてお肉がつきやすい、いわゆる下半身太りにコンプレックスを持っている方は少なくありません。お尻が大きくてサイズが合わずパンツ選びに苦労する…という声も多く聞かれます。そんな悩み深きお尻の脂肪に、HIFU機器がもたらす痩身効果について解説しています。

お腹(イメージ)

お腹は骨がないので、内臓を守るために脂肪がつきやすくなっている部位だそうです。なので、食べ過ぎや運動不足、基礎代謝の低下などが要因となって、すぐにポッコリと出たお腹になってしまいます。そんなお腹の脂肪を減らして理想のくびれを作るために、HIFUが有効であることを紹介しています。

ふくらはぎ(イメージ)

ふくらはぎも、自己流のダイエットでは理想の形を作ることが難しい部位です。筋肉が発達しやすい部位なのですが、運動不足や食べ過ぎ、立ち仕事によるむくみなどが要因となり、脂肪によるふくらはぎ太りとなることもあるそうです。脂肪太りをしたふくらはぎに対する、HIFU施術の効果について解説します。

背中(イメージ)

余分な脂肪がついてしまった段々腹ならぬ段々背中は、人から指摘されて気付く人も多いはず。自分では見えづらい背中だからこそ、スッキリとしたバックラインは憧れですよね。それでは、自己流では取りづらい背中の脂肪を減らすために、HIFUでの痩身施術がもたらす効果について紹介します。

太もも(イメージ)

むっちりとした太ももも、下半身太りに悩む人がスッキリさせたいと願う代表的な部位。食べ過ぎや運動不足などによる血行不良や、代謝機能の低下も太ももに脂肪が溜まる原因のひとつとされています。余分な脂肪を除去してスッキリとした太ももを作るために有効なHIFUの効果とについて紹介します。

よく読まれている記事
  • HIFU(ハイフ)痩身するならどっち? クリニックVSエステ徹底比較!:注目!Dorothy編集部おすすめ!
  • 厳選! HIFU(ハイフ)痩身の口コミ評判が良いクリニック16選【東京編】
  • どれがいいの? HIFU(ハイフ)痩身機器の選び方